リストに戻る

影の眠る街

遠山真夕子/著

講談社X文庫ホワイトハート

 小高い丘、城跡の公園と異人塚、そして石畳の駅前広場にひときわ高くそびえる時計塔。それは街の中心であり、シンボルであった。異国情緒を漂わせながらも近代的なその街は、世帯の八割が関係者という精密機械メーカー、降矢精工によって基盤を支えられていた。
 十年前、祖母に連れられてこの街に来た高校二年の保科睦は、心ならずも降矢一族からの援助を受けていたが、彼は街にも周囲にもなじめず、親友と呼べるのも幼なじみの千里だけだった。最近、記憶や認識に障害が出て入院していた祖母は、睦が影をなくしてしまったと思い込んでいるようだったが、確かに睦には影に関する幼い頃の忌まわしい記憶があった。そして彼は常に降矢からの監視を受けていた。
 そんなとき睦は日置司という少し変わった転校生に出会う。マイペースで人懐こい司に戸惑う睦だが徐々に心を開きつつあった。しかし自宅には侵入者、悪夢としてよみがえる過去の記憶、父母の様子が変だと言う千里と、睦の周囲には異変が続くのだった。果たして睦は司の協力を得て過去の悪夢を振り払い失われた影を取り戻すことができるか……。

 最近は出版点数が減っているジュヴナイルホラーですが、2003年発売の比較的新しい作品です。本書が作者のデビュー作。新刊で書店に並んでいた時から気づいてはいたのですが、カバー袖のあらすじだけでは本当にホラー小説なのかどうか判断がつかず躊躇しました。カバーの袖には「新感覚サイコ・サスペンス!」とあり、巻末の最新刊紹介には「時と影が織りなすネオ・ホラー!!」とあってどちらもよく分からなかったのですが……。

 惹句に食い違いがあるように、単純にジャンル分けできない作品でしたが、何か新しいものが感じられるということでは一致しています。現実世界に舞台を置きながら、一企業の支配する街という一種の異世界を持ってくることにより、伝奇的な要素に説得力を持たせる一方、心理学的解釈も可能にしているところが斬新で、純ホラーには分類し難いのですが、出来から言うとホラーという枠組みからは切り捨て難く、あえて言えばダーク・ファンタジィ、また切り分け方を変えれば瑞々しい青春小説の佳作、という感じでしょうか。
 過去に存在した呪術師的人物が仕掛けたことが現在に影響を及ぼすという意味では、『紅い魔書は心のままに』と似た部分がありますが、本書の方がデビュー作としては完成度が高いでしょう。また、一つの企業が中心となっている街のありようは、ジョン・ソールの『クリーチャー』『ブレイン・チャイルド』などのメディカル・ホラー系の作品の舞台をも思わせます。両義的解釈が可能な点や、児童虐待が背景にあることなどもソールと共通していますが、本書では犯罪被害者の魂の再生までをも描いており、両者の作風はまったく異なっています。
 本書はボーイズラブ物ではないのですが、ヘタな作家ならベタな展開になるところを幾度も微妙に掠めるあたりは意図的と思われ、あからさまなものは引いてしまうけどそういう趣向は嫌いではないという女性は気に入るのでは、という気がします。美少女だけど病弱で内向的な千里の存在が希薄なことや、華奢な感じの睦と浅黒い肌に長身の司のアニメキャラ的なイラストもそれに与るところ大でしょう。個人的にはそういうのは苦手なのですが。
 難点を挙げれば、降矢一族と街の様子にあまりリアリティが感じられないことです。前者は一族といっても会長を含め数人しか出てこないので、肉付けが足りません。後者に関しては、現実でありながらそこに立っていても現実感に乏しい街や、歴史がありながらアンバランスな近代性を備えている街というのも実際あるので、一概に欠点とは言えないのですが、そういった虚構性まで含めて描写していたらよかったのではと思います。


【書籍メモ】
『クリーチャー』(ジョン・ソール/扶桑社ミステリー)
『ブレイン・チャイルド』(ジョン・ソール/扶桑社ミステリー)
リストに戻る