リストに戻る

帰還者―レブナン―

中嶋理香/著

講談社X文庫ティーンズハート

 中学三年の夏休み、藤橋隼也は、喘息の療養という名目で両親に送り出され、祖父母の住む田舎のバス停に一人降り立つ。じつに6年ぶりだったが、自身はその頃の記憶を失っていた。途中、若い警官の郷田と会い、町の噂を耳にする。町では近頃なにやら化け物が出没しているらしい。そして田舎町には不似合いな西欧教会風の図書館の鐘は、ある日を境に鳴らなくなっていた。郷田はそれは魔除けの鐘だと言う。翌日、図書館に赴いた隼也だが、建物に近づいたとき、眩暈や動悸といった身体の異状に襲われる。そのとき隼也に声をかけてきたのは、町でも見かけた同じ年頃の少年、小椋拓真だった。隼也とは子供の時によく遊んだ仲だと言う。彼と会ってなぜか不調が治まった隼也だが、同行した図書館で事件が起きる。倉庫の床に血の五芒星が描かれ、中央に猫の首が置かれていたのだ。この町では一体何が起きているのか……。

 本書は一部を除きピンクを基調としたティーンズハートの中でも珍しい紺色の背表紙です。同時期に出た魔知『学園蟻地獄』、ゆうき☆みすず『黒い表紙の呪い』も同じで、この紺色背表紙でホラー路線を出してゆくつもりがあったのかと思いきや、結局それっきりだったようです。
 情報によると著者はホワイトハートでボーイズラブものをペンネームで出している作家だそうですが、本書は本名での1作目だということです。

 早々に例の呪文が出てくるので、ホラー者にはあっさりとクトゥルーものだと分かってしまうのですが、おそらく大半の読者は本書で初めてクトゥルー神話と遭遇するのでしょう。しかし、あとがきでもクトゥルー神話に関する解説がまったくないので、ティーンの読者がクトゥルー神話への関心を持つきっかけとしては機能しないでしょう。
 さらに、「深きものども」や「クトゥルー教団」という言葉、「アブドゥル・アルハザード」などの人名、『エイボンの書』、『妖蛆の秘密』、『ルルイエ異本』といった書名などを無造作に繰り出してくるにもかかわらず、焦点が殺人鬼の悪霊にあるのか邪神やその下僕にあるのか、はたまた邪神信仰そのものにあるのかが曖昧で、意図的にその効果を狙ったとも思えず結局はクトゥルーである必然性が感じられないものとなってしまっています。
 邪神や信仰が日本に流入した理由が、過去の事件の犯人が留学経験のある邪教信者というだけだったり、主人公の隼也ばかりか警官の郷田にまで霊感があり、加えてオカルトの知識も豊富にあるという設定も無造作なら、過去に起こった児童連続殺人事件もこれまた無造作に陰惨な内容にしてしまったために、直截的な残酷描写こそないものの、全体とのギャップが気になります。
 ほかにも田舎町という舞台設定がしてあっても、背景の描き込みが少なく、情景を思い浮かべるのが難しい……等欠点ばかり挙げてしまいましたが、細かな伏線の張り方や話の運び方は決して下手ではなく、ハートフルにまとめたエピローグには救いがあります。
 あとがきを読むと、この作品は、3月と6月に締め切りを抱えていたところに引き受けた5月締め切りの企画で、それが持ち込まれたのが2月末とあってはいくらなんでも過密スケジュールでしょう。本書も普通に取り組めばもっと完成度の高い作品が書けたはずで、ホラーに関心があるのなら、どこかでもう一度書いてほしいものです。
 ちなみに、本書でも言及していますが、レブナン(revenant)の語源はフランス語で、「久しぶりに帰った(会った)人」、または、「死後霊魂として帰ってきた人」つまり「幽霊」を意味します。
 また、クトゥルーとは何かであるとか、前出の人名や書名、及びクトゥルー関連の用語については、『クトゥルー神話事典 第三版』という文庫版の事典が非常に充実していて重宝します。

※『クトゥルー神話事典』は現在第四版(2013/4刊)が発売中です。(2014/5/13追記)


【書籍メモ】
『学園蟻地獄』(魔知/講談社X文庫ティーンズハート)
『黒い表紙の呪い』(ゆうき☆みすず/講談社X文庫ティーンズハート)
『クトゥルー神話事典 第四版』(東雅夫/学研M文庫)
リストに戻る