リストに戻る

霧の学園

牧村優/著

講談社X文庫ティーンズハート

 彼方に八ヶ岳を望む信州の架空の土地、狭霧町の狭霧学園高等部に通う森木由美のクラスに、長崎から来たという栗色の髪の転校生、野々村良がやってきた。担任の倉橋美沙子は、なぜか良に会うなり動揺の色を見せ、由美は謎めいた瞳の良に惹かれる自分を意識する。一方、由美のボーイフレンドの福永和哉は、体育の時間に一瞬だが良の影がないことに気付いてしまう。放課後、良の後をつけて西洋館にたどり着いた和哉だが、窓辺に現れた良の隣の人影は、和哉が市電の中で出会った青い瞳の少女だった。時を移さず町では霧の中を黒いロールスロイスが這い回り、死体から血が抜き取られる殺人事件が起きる。そして学校の鐘撞堂で対峙する和哉と良。一体良は何者で彼の目的は何なのか……。

 ティーンズハートはホワイトハートより創刊が古く、対象年齢も下のレーベルです。作者の牧村優は、ゲームブックでデビューして現在はミステリ/冒険小説を書いている作家のペンネームです。ホラー関係ではアンソロジーに参加したり、実話関係の本も書いていいます。

 伏せるまでもなくもちろん吸血鬼テーマでありますが、ティーンズ/ジュブナイルものでは、吸血鬼はホラーに限らずラブコメ、ミステリー、ファンタジーとジャンルを問わない万能のキャラクターと言ってもいいでしょう。本書では、人間と較べれば時を越えた悲しい存在であるヴァンピールという種族として描かれています。倉橋由美子の短編にも「ヴァンピールの会」というのがありますが、大雑把に言えば、ヴァンピールは欧州各国における吸血鬼の数ある名称の代表的なものです。それが英語ではヴァンパイアとなるわけですが、各地方、各時代の実際の呼び名によって意味するものにも違いが出てくるので、詳しくは『吸血鬼幻想』『吸血鬼伝説』『吸血鬼伝承』等の吸血鬼研究書籍を参照するとよいでしょう。
 対象年齢が低いこともあって、本書ではホラーなシーンはほとんどありません。吸血場面もなければ被害者の死体の描写すらありません。したがってホラーとしては生ぬるく、さらに説明不足の部分も多々あるのですが、それでも小説としての水準はクリアしているという印象を受けました。それは表紙にも「ホラー・ファンタジー」と刷られているように、メインとして語られるのは一種のタイム・ファンタジー的な要素であり、その部分がきちんと描けているからでもありましょう。文章もしっかりしていて目指す所は持っているという感じもしました。

 さて、本書の舞台となる狭霧町ですが、石畳の上を市電が走るというあたりのイメージなど、レンガ舗装の路を幻の市電が走る、ジャック・フィニイの「ゲイルズバーグの春を愛す」と重なるものがあります。そして洋館、外国人の兄妹、吸血鬼とくれば、小泉喜美子の『血の季節』も想起されます。本書では良と碧眼の少女未雪は本当の兄妹ではなく、『血の季節』のような淫靡でありながらしかもどこか甘美なムードや、終盤における推理劇風の一幕こそありませんが、本書を読んだ女の子が、後にいつかどこかで『血の季節』に出会ったとしたら本書を思い出しても不思議ではないでしょう。可能性は少ないし、作者が意識していたかどうかも分かりませんが、あるいは作者の小さなたくらみだったのかもしれません。もしそんなことがあったとしてもおそらく作者の知るところとはならないでしょうが、多かれ少なかれそんなささやかな愉しみを作家は持っているものです。少なくとも読者がそういう想像をするのは本を読む愉しみの一つでありましょう。

 ところで本書では鐘撞堂はストーリーと関係なく、それにまつわる因縁とかもないのですが、鐘撞堂や鐘楼というのはティーンズものにはしばしば登場します。翻訳ものでも、ダン・シモンズの『サマー・オブ・ナイト』は学校と呪われた鐘にまつわるホラーとしてすぐれている(何より怖い)ので挙げておきます。


【書籍メモ】
「ヴァンピールの会」(『倉橋由美子の怪奇掌篇』新潮文庫)
『吸血鬼幻想』(種村季弘/河出文庫)
『吸血鬼伝説』(栗原成郎/河出文庫)
『吸血鬼伝承』(平賀英一郎/中公新書)
「ゲイルズバーグの春を愛す」(ジャック・フィニイ/『ゲイルズバーグの春を愛す』ハヤカワ文庫FT)
『血の季節』(小泉喜美子/文春文庫)
『サマー・オブ・ナイト』(ダン・シモンズ/扶桑社ミステリー)
リストに戻る