リストに戻る

ラビリンス・シティ

竹河聖/著

ケイブンシャ文庫コスモティーンズ

 都内の有名私立高校に通う良は、学校をエスケープして地下鉄巡りをしていた。車内では売店で買ったSF小説を読み、時間をつぶしていたが、日比谷線に乗り換えたとき、ふと気づくと乗客が妙に少ないのに気がつく。自分のほかには外国人のようにも見える男女三人だけだった。しかし異変はそれだけではなかった。六本木を過ぎてからは一向に次の駅に到着する気配がないのだった。そして30分近くたってやっと停車した駅で待ち受けていたのは、思いもよらぬ世界だった。

 確かに背表紙には「ホラー」とありますが、中身はぜんぜんホラーではありませんでした。ホラー作家としては説明不要なくらい有名でファンタジーの著作も多い作者のことですから、たぶん御本人もホラーを想定して書いたわけではなかったと思います。主人公が入り込んだ地下世界は、地上が現在とは違う異世界で、異生物や霊も出てきますがそれだけで、ホラーな展開はほとんどありません。コンピューターに管理された世界の異分子たちの反乱を描いたライトなSFファンタジーです。
 なんだか昔々の学習雑誌やその付録に載っていた読み物のような、あるいはNHKの少年ドラマシリーズにあってもおかしくないストーリーで、なんとなく懐かしい感じがしました。

リストに戻る