リストに戻る

メビウス・ストーリー

六道慧/著

富士見ファンタジア文庫

 「月刊ドラゴンマガジン」に掲載された4編に書き下ろしの4編を加えた短編集です。閑静な住宅街にある〈サムサーラ〉というアンティークショップを訪れるさまざまな問題を抱えた少年少女に、店のオーナーが差し出す品物が摩訶不思議な結果をもたらす連作ストーリーになっています。

「生きている絵」
 絵を買いに来た客が十年前に両親を殺した犯人だと気づいた少女。ひそかに復讐を誓う彼女にオーナーはその絵は死を招く絵だと言った……。

「月の石」
 思わず店から黙って持ち出したペンダントに導かれ、車で轢き殺された少年と出会う少女。少年の霊が彼女にさせたこととは?

「闇の小面」
 通り魔事件の犯人がつけていた仮面は盗まれた店の能面だった。店に来た物言いたげな少年にオーナーはあれは異世界とこの世を繋ぐ力があるという。

「魔法のランプ」
 魔除けを探しに店に来た不良っぽい少女。何かを恐れている彼女にオーナーが貸したのはパフュームランプだった。ランプは彼女に何を見せるのか。

「天使時計」
 大きな家に越してから両親の不仲に悩む少年。オーナーが彼に貸したのは上下から天使が支える形の白い砂時計だった。いがみあう両親の間にそれを置くと……。

「哭き龍」
 少女に呼びかけた龍の置物が発したのは行方不明になった親友の声だった。勝手について来た龍が(あいつよ!)と呼びかけると視線の先には4人の若者がいた。

「心の万華鏡」
 この店の品物を買い占めると言い放つ傲慢な少女。戸惑うオーナーが彼女に勧めたのは人の心を映し出す万華鏡だった。

「後戸の空間」
 オーナーは猫を見によく店に来る兄弟に「つくも神」のことを話し、物は大切にしないといけないと説く。その夜、粗末にしていた文房具に責められる二人を救ったのは……。

 本書を読んで思い浮かべたのは、神崎あおいの『ささやいて!! ホラーナイト』と同様、かつての「月曜ドラマランド」や「木曜の怪談」といったドラマでした。本書では中年とも青年とも見える不思議なショップのオーナーを狂言回しにして、いじめや受験競争、犯罪など、現代の少年少女を取り巻く問題を描いていますが、そちらの方に力点を置くのはいいとしても、いまひとつこのオーナーの正体に関する背景に含みが足りず、〈サムサーラ〉自体にも雰囲気に乏しいのが惜しいところです。

 著者は富士見ファンタジア文庫では伝奇のシリーズ物が多く、他には「ロマンティック伝奇ホラー」と銘打たれた『風恋記』が単独作品なのですが、読んでみると始めは超能力ホラーのような出だしだったのが、やがて人類進化に関するトンデモな事実と結末に唖然とする内容で、作品としてはつまらなくはないのですが、やはりホラーではなく、これも伝奇サスペンスと呼ぶべきものでした。

 イラストの高田明美はアニメ「魔法の天使クリィミーマミ」「機動警察パトレイバー」などのキャラクターデザインを担当したイラストレーターで、『蒼いレクイエム』でもイラストを描いています。


【書籍メモ】
『ささやいて!! ホラーナイト』(神崎あおい/講談社X文庫ティーンズハート)
『風恋記』(六道慧/富士見ファンタジア文庫)
リストに戻る