リストに戻る

メタル・アイズ

毛利志生子/著

集英社スーパーファンタジー文庫

 京都府警の科学捜査研究所、通称「科捜研」の技官、鈴川鮎は、メタル・アイ症候群という、光の向きによって七色に変化する赤い瞳の持主だった。メタル・アイは、人により症状が異なる奇病で、それはさまざまな超能力として現れていた。鮎の場合は、過去に発せられた音を聞くことができるというもので、科捜研での研究の一方で捜査権はないものの能力を発揮して捜査に協力していた。一年前に過去視能力者だったパートナーを亡くし、久々の現場復帰となる鮎が関わることになったのは、医療ミスに端を発し、背後に臓器売買が絡んだ女子大生誘拐事件だった。北海道警察本部から来た準キャリアの沖本を新パートナーに捜査に加わる鮎だが、女性の相棒にも鮎の能力にも不慣れな沖本とはなかなかしっくりいかないのだった。

 作者の毛利志生子は、1997年『カナリア・ファイル〜金蚕蠱〜』で集英社のロマン大賞を受賞、同シリーズは12作目まで出ています。2000年にはコバルト文庫で『深き水の眠り』を発表、これもシリーズ化して5作目まで出ています。(2004年2月現在)

 前記のシリーズ物はどれもミステリ的要素を含んだ伝奇アクションのようですが、本書は非伝奇もので、ジャンルをかすめてはいるもののホラーとは言い難く、警察小説の要素が強いサイキック・ミステリーです。警察機構の仕組みや音声分析の方法、地理的描写にいたるまで、ありとあらゆる事柄について詳細に述べられていて、その意味での読み応えはあるのですが、ややもすると解説が詳しすぎ、話の流れが寸断されるように感じられます。とはいえ細部へのこだわりはキャラクターの造形やストーリーの構成にまで及び、骨組みがしっかりしていて、背景にも含みを持たせているところは並のレベルではない実力を感じさせます。
 メタル・アイが発揮する超能力は、ある種のミステリーが超常現象を既定の事象として取り入れているだけなのと同じように、本作でも始めからある設定の一つに過ぎないので、過去の音から再現される状況の中で鮎自身が感じる感覚的恐怖や、新しい相棒の沖本が受ける衝撃は表現されていても、読み手が感じる超自然的なものへの驚異(および脅威)が希薄なのは、(ホラー小説ではないとはいえ)残念なところです。超能力として現れる症状は他に透視、感応力、発火能力、念動力などがあることが言及されているので、シリーズ第二弾があればもう少しアクションに傾くのではないかと勝手に予想するのですが、今のところ(2004年2月現在)続編は出ていません。
 キャラクター的にも猪突猛進タイプの鮎と彼女に振りまわされる沖本の他、鮎の家の下宿人で英国人留学生のヒューバート、科捜研の音声研究室技官の音羽、府警捜査一課で鮎の上司に当たる柳庭、両親に虐待され捨てられた過去を持ち、鮎が弟として面倒を見ている直樹などなど、いずれも一癖ある周囲の人物設定にも魅力があるので、続編を望みたいところですが、あとがきを見る限りあまり本書に乗り気でなかったのかという印象も受けます。しかし「続きを是非」という言葉もあったので、今後に期待したいところです。本書は単なる労作に終わらせるには読者ばかりでなくおそらく作者としても惜しい作品なのではないでしょうか。


【書籍メモ】
『カナリア・ファイル〜金蚕蠱〜』(毛利志生子/集英社スーパーファンタジー文庫)
『深き水の眠り』(毛利志生子/集英社コバルト文庫)
リストに戻る