リストに戻る

緑の我が家 Home, Green Home

小野不由美/著

講談社X文庫ホワイトハート

 半年前に母を失い、母の友人と再婚した父の転勤を機会に、家出同然の気分で一人暮しをすることになった荒川浩志(ひろし)がやってきたのは、かつて一年ほど住んでいた町にあるアパート《ハイツ・グリンーホーム》だった。細い路地の奥に三方を高いビルに囲まれた扉が緑の3階建ての建物だ。浩志はそこに着くなり嫌な気分を感じた。そして同時に感じる奇妙な既視感。無表情な管理人に案内されたのは3階の9号室。窓からの眺めは悪くなかったが、家並みの向うの丘の斜面にある赤い鳥居を見たとたん、またしてもある種の予感に似た不快な気分に襲われた。
 悪いことにその嫌な予感は当たっていた。郵便受けに入っていた人形の首。そして「いくつ?」という問いに「浩志と同じくらい、かな」という答え方をする小柄で虫の好かない少年、和泉聡(いずみさとる)の出現。夜の路地で落書きをする子供。奇妙な住民たち。度重なる無言電話。和泉は浩志にここを出て行ったほうがいいと警告するが、建物内にまで侵入してきた黄色いチョークの落書きが徐々に浩志の部屋に近づいてくるにつれ異常な事態はさらに悪化してくるのだった……。

 本書も1990年11月にパンプキン文庫から出ていた『グリーンホームの亡霊たち』の改題・再刊ですが、加筆・修正は『呪われた十七歳』〜『過ぎる十七の春』の場合より少なくて、情景および心理の描写を補足する文章が少しと漢字の使い方を若干変えた程度にとどまっています。それでも全体的には『グリーンホームの亡霊たち』が400字詰換算でおよそ330枚だったのに対し、『緑の我が家』では368枚とやはり少し増えています。

 本書は『呪われた十七歳』と違って16歳の少年、浩志の一人称で書かれています。したがって地の文章の重厚さは影をひそめ、特に際立った個性や強固な意思の持ち主でもない、普通の高校生の素直な視点でストーリーは語られます。

 派手なポルターガイスト現象が目の前で次々と起る、というタイプの話ではありませんが、エスカレートする不気味な子供の落書き、日数のカウントダウンを始める無言電話の主、たびたび届く赤い指紋の付いた無記名の手紙等、真綿で首を絞めるような展開はまさにホラー。ティーンズ文庫だけに直接的な描写は避けているものの、この話の中で“向こう側”に捕らわれた男が犯した犯罪は、酸鼻をきわめたものという他ないでしょう。さらに終盤で明らかになる、あまりにむごくやるせない真実は、子供受難の時代である昨今を予見しています。
 とはいえ、本筋はやはり浩志の封印された過去の記憶をめぐる展開と、始めはいやな奴だと思った和泉との心の交流といったあたりにあります。そして本書も『過ぎる十七の春』と同じく、故郷喪失者というテーマにおいて、後の『屍鬼』とも通底するものがあります。

 ジャンル的なテーマでいうと一応「幽霊屋敷」ものですが、その点本書はやや特殊で、似ている作品もありそうで思いつきません。借りた家または部屋がいわゆる幽霊屋敷だったというだけなら、オリヴァー・オニオンズの「手招く美女」や、メアリ・E・ウィルキンズ=フリーマン「南西の部屋」、H・R・ウエイクフィールド「赤い館」などいくつか挙げることができますが、本書は幽霊だけにとどまらず建物そのものまで憑依(正確には違いますが、そこは一応伏せておきます)される点が特徴です。ただそこに土地的な因縁があるかどうかまでは語られていないので、やはりテーマの比重は場の及ぼす影響力や異界の存在などよりも別のところ(前述の通り)にあると言えます。
 また、長篇の幽霊屋敷ものだと、シャーリィ・ジャクスンの『丘の屋敷』や、ピーター・ストラウブ『ジュリアの館』、スティーヴン・キング『シャイニング』などのように、主人公の資質や精神状態と異界との相互作用によって自滅に追い込まれるという共通点があるのですが、本書ではその方向には深入りせず浩志の自滅は一応回避されています。その点は主人公の深層意識も含め、ジェームズ・ハーバートの『月下の恋』とも似ています。しかし『月下の恋』同様、すべてが終わったあと、もう何も心配要らないのかというと、将来には何の保証もありません。そしてすべてが終わったのかどうかも……。

 ちなみに冒頭で浩志がハイツ・グリンーホームを目にした時に思ったこと――「(そういえば、『緑の扉』という小説があったっけ)」――は、推測ですがO・ヘンリの「緑の扉」でしょう。わずか十数ページながら、思わず引きこまれる書き出しで、ささやかな冒険とロマンスが堪能できるエンターテインメントの見本のようなすぐれた短篇小説です。

 また、本書をほぼストーリー通りに漫画化したコミックス版『緑の我が家』も発売されています。


【書籍メモ】
「手招く美女」(オリヴァー・オニオンズ/『恐怖の愉しみ 上』創元推理文庫)
「南西の部屋」(メアリ・E・ウィルキンズ=フリーマン/『恐怖の愉しみ 下』)
「赤い館」(H・R・ウエイクフィールド/『赤い館』国書刊行会)
『丘の屋敷』(シャーリィ・ジャクスン/創元推理文庫/旧題『たたり』を改題,※別題『山荘綺談』ハヤカワ文庫もあり)
『ジュリアの館』(ピーター・ストラウブ/早川書房)
『シャイニング』(スティーヴン・キング/文春文庫)
『月下の恋』(ジェームズ・ハーバート/学研,※別題『悪夢』講談社文庫もあり)
「緑の扉」(O・ヘンリ/『O・ヘンリ短篇集(1)』新潮文庫)
『緑の我が家』コミックス版(原作:小野不由美・作画:岸田あつ子/角川書店)
リストに戻る