リストに戻る

水の牢獄

咲田哲宏/著

角川スニーカー文庫

 央葉高校読書同好会の9人は、台風が接近中にもかかわらず合宿を強行し、引率教師の友人が経営するペンション「アクア」に宿泊していた。その日ペンションにいたのは、生徒と教師の他に「アクア」のオーナー夫妻、住み込みのアルバイトの計13人。  惨劇が始まったのは夕食後の談話室。“それ”が出現したのは午後8時丁度だった。階段に沿って降りてきた30センチほどの球体。それは中に水をたたえていた。いや、それ自体が水でできていたのである。そしてその宙に浮く水の球体の中にいる半透明な魚に気付いた直後、最初の犠牲者が出た。水の弾丸が刃となって一人の脚を切り裂き、水の魚が腹部を直撃したのである。それは水を足掛かりに人体に潜り込むことができるのだった。  一人、また一人と犠牲者は増える。誰がそれを操っているのか、そして生き残るのは……。

 作者は第4回角川学園小説大賞《優秀賞》受賞作の『竜が飛ばない日曜日』(角川スニーカー文庫)で2000年にデビューしています。本書は第2作目でその後も2冊ほど出しているようですがいずれも題材がファンタジーで、ホラー・ノベルと銘打っているのは本書だけのようです。

 突如出現した非日常的な状況下におけるSF的な法則(ルール)探しのゲーム性と、犯人探しのミステリー、誰が被潜伏者かという「遊星からの物体X」を彷彿とさせるサスペンスがミックスされていて、短いセンテンスでたたみかける文章は巧みです。
 しかし、未知のルールに支配されているようなゲーム的な世界観が苦手な人は拒否反応を示すかもしれません。人がどんどん死んでゆくのに割と平気(一応泣いたりはするものの)ですぐに開き直り、饒舌で軽妙な会話の応酬をし、一方で冷静に理詰めで謎を解き明かしてゆくというのが、描写が細かい割に「名探偵コナン」のような探偵もののアニメを見ているようで、恐怖は感じられません。
 未知で理解不能の存在と直面することによって、常識が覆され、疑いもしなかった日常が崩壊し、恐怖のどん底に突き落とされるというのがホラーの基本的な図式ですが、本書では、未知の存在よりも未知のルール(の解明)の方に重点がおかれているために、ホラーというよりもSFミステリーと言った方がふさわしいように思います。
 とはいえ、そうした要素も、「スクリーム」や「ラストサマー」などがホラー映画としてヒットしたことを考えると、学校という特殊なルールで成り立っている閉鎖的な世界に身を置く中高校生やそれに近い世代にとっては、本書における高校時代特有のノリや、青臭くも瑞々しい青春のひとコマなどと合わせて受け入れられやすい要因なのかもしれません。

リストに戻る