リストに戻る

誘われてアクトレス

新津きよみ/著

角川スニーカー文庫

 S女子高校の演劇部は、昨年舞台を観て感激したというある画家に招待されて軽井沢の別荘に夏の合宿に行く。参加したのは語り手で副部長の千秋、部長の真理子、親友の樹里ら部員六人。マイクロバスを降りて山道を歩き、ようやく到着したのは、森の中の窓の大きな二階建ての洋館だった。
 午後、彼女らは稽古を始めるが発声練習の時にメンバー以外の声が聞こえたり、各部屋ともなぜかカーテンが閉まらないなどの不可思議な現象が起きる。そして翌朝、一年生の美少女、美穂が悲鳴を上げる。同室の陽子がふとんをめくり上げて中をのぞいたと言うが、陽子はそれを否定する。陽子は金縛りにあい、黒い影のようなものを見たと言うのだ。オカルト好きの一年生ゆうきは悪霊説をとなえるのだが、部員をまとめるはずの部長の真理子は、ジョギングに出掛けたまま戻らない。こうして惨劇の幕が上がったのだった……。

 本書は1989年に角川スニーカー文庫から出ていますが、現在は入手は非常に困難です。※[Kindle版]あり(2015/1/19追記)
 本作は著者が前年に発表した『いとしのボディガードさま』と打って変わってかなり恐怖志向の強い作品で、美少女の髪が抜け落ちて皮膚が赤黒く変色したり、切り落とされた手首が這い回ったりするなど不気味でショッキングなシーンがあります。事態は彼女らが稽古していたホラーミステリーの脚本に沿うかのごとく進行し、次々と犠牲者が増えていきます。そして最後には物語の枠組みを解体し根底からくつがえしかねないエピローグがつき、あたかも洋館を舞台にして何者かによって強制的に演じさせられていた不条理劇を観ていたかのような感覚にとらわれます。何度も意味ありげに描写される庭の白いベンチも、その者たちの観覧席であったのかもしれないというのは深読みかもしれませんが、『誘われてアクトレス』という一見語呂のよさで決められたようなタイトルが意味深なものに感じられることは確かです。あとがきには好きな映画として『サイコ』、『シャイニング』、『エンゼルハート』を挙げていますが、いずれもひねりのあるオチがあり、なるほどとうなずけるものがあります。
 途中まで一人称だったのがバラバラに孤立したメンバーを描くために三人称になったり一人の視点が挟まったりするところはやや気になった点ですが、女子高生同士の友人関係や心理がリアルに描かれており、ポップな雰囲気の装丁やタイトルからは一見して想像つかない隠れたティーンズホラーの佳作として、このまま埋もれさせておくのは惜しい作品です。

 この作品はサブジャンル的には一種の幽霊屋敷ものであり、舞台設定や向こう側からの誘いという意味においては、シャーリィ・ジャクスンの『丘の屋敷』を、怪異な現象の暴力性という意味ではリチャード・マシスンの『地獄の家』を連想させますが、演劇ものという関連で紹介しておきたい短編小説が三つ、アル・サラントニオ編の『999』という翻訳で全3巻のアンソロジーに収められています。ただ三作それぞれ別々の巻に収録されているので、三作とも読むには全巻集めなければなりませんが、このアンソロジーは非常に質が高く、ホラーに興味がある人なら全巻通読して絶対損のないものです。さて、その三つの短編とは、ベントリー・リトルの「劇場」、ラムジー・キャンベルの「ザ・エンターテインメント」、トマス・F・モンテルオーニの「リハーサル」です。いずれも見ている者と見られている者、あるいは演じる者とそれを観ている者との関係性のゆらぎがもたらす恐怖を描いており、現実と非現実、あるいは幽明の境が曖昧になるにつれ、気がついた時には両者が逆転していたということもあり得るのだということを見事に提示しています。


【書籍メモ】
『いとしのボディガードさま』(新津きよみ/ケイブンシャ文庫コスモティーンズ)
『丘の屋敷』(シャーリィ・ジャクスン/創元推理文庫/旧題『たたり』を改題)※別題『山荘綺談』(ハヤカワ文庫)
『地獄の家』(リチャード・マシスン/ハヤカワ文庫)
「劇場」(ベントリー・リトル/『999─妖女たち─』創元推理文庫)
「ザ・エンターテインメント」(ラムジー・キャンベル/『999─聖金曜日─』創元推理文庫)
「リハーサル」(トマス・F・モンテルオーニ/『999─狂犬の夏─』創元推理文庫)
(2009/8/13)
リストに戻る