リストに戻る

聖狼学園一年生

竹河聖/著

講談社X文庫ティーンズハート

 北海道から二年ぶりに東京に戻り、玻琅(はろう)学園に転校してきた沙羅は、初登校するなり校内の異様な気配を察知する。暗く、湿った感じが充満して、職員室の教師たちにも生気がない。沙羅には霊感があったが、彼女が感じたのは幽霊とは異質の感じだった。放課後、沙羅は上級生に因縁をつけられそうになるが、その時さりげなくかばってくれたのは、二年生の片桐薫だった。彼に魅力を感じる沙羅だったが、実は沙羅には霊感以上の秘密があり、そのことを考えると好きになるわけにはいかなかった。そんな沙羅の前に突然、地面から噴出した血しぶきが人型となり、彼女にここを去れと警告する。そして翌日、この学校には何かがいると言っていた片桐が行方不明になる……。

 本書はタイトルから明らかな通り、少女向けのジュブナイルでは珍しいと思いますが、人狼もののれっきとしたホラーです。しかし主人公沙羅の明朗な性格のためか終始恬淡としていて、恐怖を前面に押し出しすのではなく、最後もロマンスで締めくくっています。人狼テーマも「ファングルフ」などの映画に見られるように、ラブロマンスにも向かないことはないのですが、たいていは発端からして悲劇なのでアン・ハッピーエンドに終わることが多く、そこがジュブナイルで単発の人狼ものが少ない理由の一つでしょう。本書では発端に関しては狼に噛まれて人狼化したというのではなく、始めからそういう一族として存在しているという設定なので悲劇にはなっていません。ちなみに翻訳物では人間の世界から隠れるようにして生存している知的な種族としての人狼を描いたホイットリー・ストリーバーの『ウルフェン』があります。
 本書における恐怖の対象である魔物の存在については、メインの人狼は別としても、登場人物が始めに魔物ありきの認識では、恐怖も生じにくいのですが、唯一、化け物の描写においてはホラー一筋の著者の面目躍如で、大変気持ち悪いので、つぶつぶ系の苦手な人は心して避けた方がいいでしょう。特に夕飯時のニュース番組でジャンボタニシが田圃で異常繁殖しているなんていうレポートを見て、稲の根元に産み付けられた夥しい数のその邪悪で毒々しいピンク色の卵を目にした途端、ぽろりと箸を落とし、あわててテレビのリモコンに手を延ばそうとして湯飲みを引っ繰り返したなんていう事があるような人は……。

 タイトルに関しては、「聖狼学園」を校名にするわけにはいかないし、「玻琅学園」という校名のままではタイトルにならないしで苦しいところですね。「聖琅学園」とする手もあったのではとも思いましたが。


【書籍メモ】
『ウルフェン』(ホイットリー・ストリーバー/ハヤカワ文庫)
リストに戻る