リストに戻る

四月闇桜姫

図子慧/著

集英社文庫コバルトシリーズ

 薫子は旧藩主の家柄を持つ、15歳のマイペースなわがままお嬢様。学校のテストは散々だし、ややこしい家の行事もうんざり。素直にしているのももう限界、というわけで彼女は家出を決行する。薫子が家出途中に出会ったのは、職員室に忍び込み、印刷前のテスト用紙に細工して一騒動を起こしたちょっと不良な秀才少年の伊万里。二人は城址公園で花見をするが、伊万里は薫子の家からの追っ手を避けようとして、樹齢五百年を超える紅髪桜に薫子を後ろに乗せたままバイクで突っ込んでしまう。気を失った伊万里に声を掛けて起こしたのは彼の飼い猫のプチ。見上げればあるはずのない城、そして黒い月。そこは魑魅魍魎さまよう異世界だった。はたして薫子と伊万里は元の世界に戻れるのか……。

 ホラーというよりも和風の異世界伝奇ファンタジーです。薫子お嬢様の性格はコメディ少女マンガ風ですが、決してスカスカな作りではなく、すべてシリアスで通すよりかえって真っ黒な月が浮かぶ虚(きょ)の世界の不気味さが際立っていると思います。インタビュー記事によると、「ホラーを書くという意識はなかったと思」うということですが、童女の姿をして縮んだ人間の頭部を手鞠にしている桜姫が、薫子に遊びを強制する場面は結構怖いです。また、プロットを立てるタイプではないけれど下調べはかなりするようで、物語の随所にその知識が活かされているのが見てとれます。薫子と伊万里が虚の世界に行くまでが少し長いような気もしましたが、後半ではテンポもアップし、化け蜘蛛は出るわ竜虎が跳梁するわでさながら妖怪活劇小説と化しています。
 疲れ知らずで遊びをせがみ、うっかり意に沿わぬことをしたり答えたりすると取り憑かれたり殺されたりするという遊び飽きない子供の幽霊や妖怪のイメージは、割と馴染みがあるような気がするのですが、どの辺に原点があるのかは図書館に二回ほど行った程度では分かりませんでした。まあ子供というのはだいたいそんなものなので、子供が死んだりすれば生前の元気な様子を偲んでそういう幽霊や妖怪のイメージがいつしか形作られていったとしても不思議ではないのですが。
 なお、あとがきでも「本文とはまったく関係ないけど」と言っているように、古浄瑠璃を原典とする「清玄桜姫」物のうちの二つ、山東京伝『桜姫全伝曙草子』と鶴屋南北『桜姫東文章』では桜姫は童女ではありませんが、前者には桜姫が離魂病で二人の姿となったり、後者にも僧清玄の幽霊が出るなどの怪奇幻想的趣向があるようです。
 作者の図子慧は、1986年のデビュー。本書の前後コバルト文庫で活躍したあと、耽美系を経て2000年には『媚薬』、2001年には『蘭月闇の契り』を発表しています。他にもアンソロジーなどで作品を発表しているようですが、近年の発表数は減っているようです。『幻想文学』58号には前述の図子氏のインタビューが載っています。


【書籍メモ】
『媚薬』(図子慧/角川ホラー文庫)
『蘭月闇の契り』(図子慧/角川ホラー文庫)
『幻想文学 58号/特集・女性ファンタジスト2000』(アトリエOCTA)
リストに戻る