リストに戻る

過ぎる十七の春

小野不由美/著

講談社X文庫ホワイトハート

 春休みになって、例年通り直樹と典子の兄妹は、花咲く谷間の集落にある仙境のような伯母の家へ向かう。二人を出迎えた隆は、直樹とはわずか二ヶ月違いの従兄弟だった。ともに十七歳の誕生日が近づく直樹と隆。しかし姉妹である彼らの母親たちは、なぜか息子の誕生日のこととなると、それぞれ不安な顔色を見せたのだった。そして隆も、夜に庭に訪れる奇妙な気配が気になり、ふと暗い陰りを見せることがあった。直樹には夜半に変な気配がすると打ち明けたが、その夜ふたたび隆のもとに現れたそれは、確かに女の形をしていた……。
 翌日、それまで何事も穏やかに受け止め、温和だった隆の性格は、人が変わったように冷淡になり、ショックを受けた伯母はますますふさぎこむようになったのだった。
「――運命の春がやってきたのだ。」
 ついに自殺を図ってしまう伯母。それでもより冷酷な態度を募らせてゆく隆。戸惑う直樹と典子。しかし二人は原因を探る決意をする。そして直樹がたどり着いたのは、母方の一族の男子にかけられた、母殺しの呪縛という恐ろしい事実だった……。

 本書は1990年7月に、朝日ソノラマから中高生女子向けのホラー・オカルトジャンルの専門レーベルであるパンプキン文庫の第1弾として出ていた『呪われた十七歳』(イラスト:生嶋美弥)を改題し、加筆・訂正を加えたものです。
 加筆にあたってストーリーに変更はないものの、文章は細部にわたって見直されています。漢字の使い方ひとつにも気を配り、表現に一際丁寧に磨きをかけ、人物がその行動に至るまでが自然になるように伏線を張り直し、さらに超自然の出来事を読者に信じさせるための段階を踏んだ描写を心がけた結果、もともとティーンズ向きにしては重厚だった文章が、さらにレベルの高いものとなっています。
 枚数的には、概算ですが、400字詰原稿用紙換算で『呪われた十七歳』の434枚から531枚に増えています。

 さて、何世代にも渡って一族に降り懸った呪いの物語といえば、古くは1858年のエリザベス・ギャスケル「グリフィス家の悲運」や、1868年のヘンリー・ジェイムズの「ド・グレイ物語」、2002年の1月に翻訳が出た1922年のジェシー・ダグラス・ケルーシュ『不死の怪物』などがありますが、呪いが成就してしまった「グリフィス家の悲運」や、したたかさである意味呪いに打ち克った「ド・グレイ物語」、そして超絶的手法で呪詛を祓う『不死の怪物』と違って、本書では呪いの部分に関しては意外なほどオーソドックスな描き方をしています。しかしそれは本書の眼目が呪詛の忌まわしさにあるのではなく、呪う方と呪われた方の双方に共通する、止むに止まれぬ母の愛にあるので、むしろ自然なことと言えるでしょう。

 集落の外れの、他より一段高い家や、死者の来訪、態度の変貌など、随所に後に取り組むことになる超大作の『屍鬼』を予感させる要素があり、直樹が隆の呪縛を解くためにしなければならなかったことは、『屍鬼』において悲惨な事態を終結するために村人たちがしなければならなかった苛烈を窮めた行為と重なるものがあります。また自分の肉親が変貌してしまう恐怖を描いているという点でも同様です。そういう意味において、『呪われた十七歳』をリライトして本書に仕立て直す作業は、『屍鬼』のために踏まなければならなかった重要なステップだったのだと思います。

 以下、蛇足を承知で付け足せば、自然描写や多種多様な植物の名称が出てくるところは、アーサー・マッケンの『夢の丘』を連想したのですが、本書の花咲き乱れる谷間の里は、『夢の丘』とは違い神秘的ではあるものの、自然そのものに妖しい地霊の気配はなく、色合いも明るさも違うので、この連想はちょっと的外れかもしれません。まあどうせなら的外れついでに、左右の違いはあるものの、手の痣という点で同じくマッケンの「白い粉薬のはなし」を思い浮かべたことも付け加えておきましょう。
 本書に出てくる色彩と花の名称は、それぞれ約40種にも及び、日本建築や日本庭園、家紋に関する名称も頻出します。それらはほとんどが漢字で表記されており、それが日本的情緒を一層際立たせています。当然ながらそこが前述の西洋の怪奇小説との決定的違いでもあり、『屍鬼』へと継承されるテーマの一つでもあると思います。
 いずれにせよ、本書は対象がティーンの女の子たちだからといってレベルを下げるようなことは一切していません。しかもティーンズノヴェルではあって当然の恋愛の要素すら織り込まれておらず、それだけホラーに徹した内容となっています。そしてその本気モードの文体は、コアなホラー・ファンをもうならせる作品であることは間違いありません。
 ちなみに、本書には三代という愛称で呼ばれる雌猫が出てきますが、意外な活躍をしつつも自然な猫らしさを失わないというあたりは猫好きも要注目です。


【書籍メモ】
「グリフィス家の悲運」(エリザベス・ギャスケル/『E・ギャスケル短編集 呪われた人々の物語』近代文藝社)
「ド・グレイ物語」(ヘンリー・ジェイムズ/『ゴースト・ストーリー』角川文庫・絶版)
『不死の怪物』(ジェシー・ダグラス・ケルーシュ/文春文庫)
『屍鬼』(小野不由美/新潮社・新潮文庫)
『夢の丘』(アーサー・マッケン/創元推理文庫)
「白い粉薬のはなし」(アーサー・マッケン/『怪奇クラブ』創元推理文庫)
リストに戻る