リストに戻る

修学旅行は終わらない

秋月達郎/著

パンプキン文庫(朝日ソノラマ)

 四泊五日で信州一周の修学旅行も残すところあと一日となった柊高校二年二組の生徒たち。移動中のバスの入り口にかけられたノートには、旅行中のエピソードやそれぞれの思いが綴られている。霧の中を進むバスの中で修学旅行委員の福田直美は、帰りたくない、この修学旅行がいつまでも続いてくれるといいのに、と思っていた。
 しかし、小さな異変はすでに始まっていた。いつからか聴こえている不思議な音楽、触れると熱さを感じる霧。そして昼食時に停車した場所は、予定のドライブインではなく、白亜の建造物がそびえる遺跡の神殿のような場所だった。そして直美とおなじく修学旅行委員の水野嘉徳の目前で、バレーボール遊びに興じていたグループが忽然と消え失せたのだった。一体何が起きたのか、そして彼らは無事に修学旅行から帰ることができるのか……。

 この作品は直美をはじめとする五人の生徒の視点から語られるパートに、修学旅行ノートに同級生たちが書き込んだ文章を挟み込む形で成り立っています。彼らが遭遇した異常な出来事をめぐる物語ですが、結論から言えば本書はホラー小説とは言い難い物になっています。怪物に襲われるわけでもなく、殺人事件も血なまぐさい描写もありません。想像ですが作者はホラーに仕立てる気もなかったのではないかと思います。もちろん言うまでもなくホラーであるなしと作品の優劣には関係ありません。ジャンル的には竹河聖の『ラビリンス・シティ』がそう感じさせたように、昔の学習誌に連載されていたようなファンタジー系ジュヴナイルの佳作という印象です。
 あとがきを読むと、本書は作者の“死”への恐怖から生み出された物語であるということが語られており、死への恐怖にとらわれた時の感覚は、程度の差こそあれ共感を覚えるものがあります。そういう意味では、ホラーという形をとらなかったものの、本書もまた恐怖から生み出された物語であるといえるでしょう。

 作者の秋月達郎は、奥付の著者紹介によると東映のプロデューサーを経て『鏡の中の私』で作家デビューとありますが、『鏡の中の私』は橘薫という名義になっています。デビュー後は90年代半ばまではティーンズ文庫を中心に活躍し、平行して歴史ファンタジー、架空戦記などを執筆、2000年代に入ってからは歴史大河小説、旅情ミステリーなどの作品を発表しています。


【書籍メモ】
『ラビリンス・シティ』(竹河聖/ケイブンシャ文庫コスモティーンズ)
『鏡の中の私』(橘薫/ケイブンシャ文庫コスモティーンズ)
(2009/7/27)
リストに戻る