リストに戻る

妖霊の門

六道慧/著

角川スニーカー文庫

 高校2年生の加納拓海は、レコード店でガラス越しに自分を凝視している少女の視線に気づく。それは彼と同じクラスの麻倉みずきだった。しかし、ミニスカートにポニーテールで赤い唇に微笑を浮かべる大人びた印象は、彼がみずきに抱いていたのとは違っていた。思わず後を追う拓海だったが、声をかけようとした刹那、横を通りすぎたバイクが転倒、彼の目の前で後続の車を巻き込む大惨事となってしまう。
 翌週、教室でのみずきは、やはり内気でおとなしい少女で、先日の事故のことも知らないと言う。放課後、拓海はトイレで鏡の中に制服姿の少女を目撃するが、同じ頃バスケ部ではキャプテンの高橋が急死する。その後、街で酔漢にからまれていたところを助け、みずきと親しくなる拓海。しかし嫉妬した女生徒らに呼び出されたみずきは、彼女らの目の前で豹変する。実はみずきは幼い頃にミラという魔性の存在に憑依されていたのだった。ミラに気に入られ誘惑される拓海は肉体を奪われたみずきを救うことができるか……。

 著者はジュヴナイルの伝奇アクションやSFアクション、ファンタジーのシリーズを多数執筆し、近年では時代小説でも巻を重ねる活躍をしている作家です。

 本書は、鏡の中のもう一人の自分というモチーフを用いているところは相原真理子の『鏡の中のあたしへ…』と似ていますが、思春期の自己同一性の危機を直接的に描いた心理的な作品というわけではなく、妖霊という異界の魔物に取り憑かれた少女の恐怖を描いたストレートなホラーです。
 ストーリーは拓海とみずきとミラという三角関係を中心に、ミラが怪奇現象を起こし、拓海に協力する兄と知り合いの霊能力者がそれに絡む形で展開していきますが、最後は宗教や信仰によらず愛の力による悪魔祓いのような形で決着しています。それはそれでジュヴナイルホラーとして正攻法なのですが、物理的にしろ精神的にしろ愛する者を愛の力で取り戻すという話なら、ホラーでなくとも描けるのだから、あえて超自然の存在を素材とするのであればそれ相応の説得力が欲しいところです。たとえばみずきとミラがお互いに幼い時にどのように孤独であったのかを、みずきが一人っ子で引っ越してきたばかりという理由だけでなく描き込んであれば、ミラという存在やみずきが憑依されたことにも、もっとリアリティが感じられたのではないかと思います。ただ、妖霊が邪魔とみなす者たちに仕掛ける攻撃の邪悪さや、オチの付け方などにはホラーらしさが表れています。
 本書ではこの妖霊は〈ジン〉であると説明されていますが、事典によればジンはイスラム文化圏の神話・伝承における精霊で、炎の精霊、あるいは疫病を運ぶ悪魔という意味合いもあるということです。鏡との関連は特に見受けられませんでしたが、『神話・伝承事典』によると、鏡の項目には「古代人は、固体や液体の反射する表面には神秘的力があるとした。そこに映る像は霊魂の一部であると考えたからである。」とあり、「妖精物語では、霊魂の国は、しばしば鏡の中の広間として現われた。」ともあります。だからミラが鏡の中に現われて、みずきとほぼ同じ姿で映ったのも理由のないことではなかったのですが、本作では鏡はたまたま憑依するための道具として利用されたに過ぎないように描かれ、みずきの肉体こそミラが霊体としてこの世界に出現するための〈門〉であるとされています。しかしその設定はすでに鏡という媒介があるため焦点を結んでいません。この点はアイディアがいいだけに惜しいところです。


【書籍メモ】
『鏡の中のあたしへ…』(相原真理子/講談社X文庫ホワイトハート)
『神話・伝承事典』(バーバラ・ウォーカー/大修館書店)
リストに戻る