リストに戻る

夢色の迷宮(ラビリンス)

神崎あおい/著

講談社X文庫ティーンズハート

 テニス部の合宿で山中湖湖畔の民宿にやって来た高校1年生の出雲路泉(いずもじいずみ)は、そこで宿の息子の深津聖(ひじり)に出会う。泉は途中、バスの中から自転車に乗っている彼を見かけていたが、そのとき自転車の後ろに乗っていた白いドレスに長い髪の少女は、泉が友達に話しかけたわずかの間に消えていた。  宿では奇妙なことが連続して起きる。一見とっつきにくいが優しい聖にひかれ始めていた泉だったが、聖は冷たく突き放すばかり。そして夜、布団に寝ている泉の目の前に再びあの消えた少女が現れ、直後に昼間聖に言い寄った森永先輩が階段から落ちて怪我をしたのだ。しかし実は事故はそれが初めてではなかった。はたして聖は近づく者を不幸に陥れる凶運の持主なのだろうか……?

 著者はティーンズハートで『ヨコハマ指輪物語』という全17巻にも及ぶロングシリーズ他、著作も多い作家です。詳しい内容は知りませんが、『ヨコハマ指輪物語』は妖魔との闘いを描いているそうです。

 明るい元気少女が一人称で語る軽いラブロマンスに生霊(生き霊)テーマをからめたものですが、昏睡状態の超能力者が災いを起こすというマイナーなホラー映画「メドゥーサ・タッチ/恐怖の魔力」のような設定をプラスしたところがミソ。といってもそれだけだったら年少の読者以外にはちょっとつらいところ。しかしこの作者はかなりのホラー映画好きらしく、見せ場として“ロメロ・ゾンビ”風の場面も用意してあります。しかもゾンビとは言わずリビングデッドと記すこだわりぶり。「本文が短いから」という言い訳付きの長いあとがきでも、ホラー漫画のタイトルを挙げた後に「エルム街の悪夢 III」「フロムビヨンド」などを他の娯楽映画にまじえて挙げています。
 生きている肉体から抜け出た魂である生霊と、魂がないにもかかわらず動く死体であるリビングデッドとはまるで正反対のものですが、「夢色の迷宮」というタイトルが示唆するように――作中の謎ではないので明かしてしまうと――リビングデッドといっても死体ではなく、眠りながら操られた人間が襲ってくるという設定です。

 文学作品に生霊が現れるのは、古くは「今昔物語」における「近江の国の生霊が京に来る話」(訳題)や、「源氏物語」の六条御息所というあたりまで遡りますが、人口に膾炙している割には現代ホラー小説で扱われることは少なく、著名な作品というのも寡聞にして思い当たりません。実話系の怪談にはあるかもしれませんが、やはりそう多くはないような気がします。案外いちばん馴染みがあるのは、テレビで霊能者が心霊写真を鑑定するときに、時々目先を変えるように「これは生霊ですね」とさらりと言ってみせたりする場面だったりするのではないでしょうか。
 漫画ではささやななえこの『生霊(いきすだま)』という傑作があり、小説版も同文庫から出ています。漫画の『生霊(いきすだま)』で主人公のクラスメイトが生霊とドッペルゲンガーを混同しているように、両者は厳密には区別し難いものです。分身、影の病、離魂病などと共通してそれぞれに別の言葉を当てることも可能なくらいですが、普通はやはり別物と考えるのが妥当でしょう。両者の違いを明快に説明してくれる解説文があれば引用するのですが、要するにどちらも「もう一人の自分」であるものの、生霊は自分以外の他者(多くは自分が強い想いを寄せる者)の元に現れ、自分では意識していない場合が多いのに対し、ドッペルゲンガーは、自分自身がもう一人の自分と対面してしまうもので、多くの場合それを見た者には死が訪れると言われています。しかし第三者が目撃した時点ではそれが生霊なのかドッペルゲンガーなのかはわかりません。本人の認識によってドッペルゲンガーが生霊的なものに転じた例としては、「私に似た人」という工藤美代子の『日々是怪談』所収の実話怪談があります。
 ドッペルゲンガーについては季刊「幻想文学」に「ドッペルゲンガー文学考」という連載があり、日本の文学を中心に詳しく論ぜられていましたが『20世紀日本怪異文学史』という本にまとめられています。
 生霊も解釈を広げれば生霊的な人狼(ブラックウッド「犬のキャンプ」)というのもありますし、テーマを分身にまで広げるとポー(「ウィリアム・ウィルスン」)やヘンリー・ジェイムズ(「にぎやかな街角」他)、平井呈一(「エイプリル・フール」)、近年でも数々のモダンホラーにまで取り上げられ、きりがないのでこのへんにしておきます。


【書籍メモ】
『ヨコハマ指輪物語』全17巻(神崎あおい/講談社X文庫ティーンズハート)
『生霊(いきすだま)』(ささやななえこ/角川ホラー文庫)
「私に似た人」(工藤美代子/『日々是怪談』中公文庫)
『20世紀日本怪異文学史』(山下武/有楽出版社)
リストに戻る