リストに戻る

幽霊は淋しがりや

速水あこ/著

ケイブンシャ文庫コスモティーンズ

 語り手の名前は高校一年生の折尾久美古。嫌いな科目は多いがなぜか試験のヤマ勘が当たるため成績は良い。少し遅くなった学校の帰り道、普段は通らない公園の中の近道を通った久美古は、後ろから来た少年にいつのまにか追い越される。思わず呼び止めようとするがそれには答えずに少年は森に消えた。自宅に戻った久美古だが、少年はそこまでついてきていた。度重なる問い掛けにようやく「友達になって下さい」と口を開いた少年は、自分は幽霊ではなく浮遊しているだけだとも言う。久美古はどうして少年の霊が自分のところに現れたのか、霊に詳しい担任の山口先生とともに探ってゆく。

 作者の前書きかと思うようなプロローグでこの話が小説であることが宣言されているので、語り手の折尾久美古がこの小説の作者という設定なのかと、やや構えながら読み始めたのですが、いきなり微妙な違和感が……。
 語り手が自分でちょっと可愛いなんて言ったりするのに少し引っかかり、性的な場面ではないのに妙に生々しい身体感覚を描写したりするのもリアルホラーみたいだなと戸惑いつつページを繰っていくと、他の人物にも会話にどこかエキセントリックなところが目に付く。皆最初は久美古の話を疑うもののすぐに「なるほど」とか言って幽霊を信じちゃうし、校長先生などはどういうわけか霊に詳しく、担任の山口先生を差し置いて霊について語っちゃってます。
 通学途中にビートルズを聞いていたヘッドホン・ステレオから変な声が聞えたから、と遅刻の言い訳をすれば授業はたちまち中断され、確認しようとテープを聞いている担任の周りで40人の生徒たちが20分も固唾を飲んでいたりするのも奇妙。そればかりか放課後には校長や他の先生まで集まり、今度はラジカセでさらに1時間もそれを聞いていたりします。
 幽霊探索で行き着いた空家に同行した警官がほとんど久美古の言いなりなのも不自然だし、終盤では章の変わり目でもないのに、それまでの久美古の一人称が唐突に三人称になる個所があって、久美古の知り得ない人物の状況を描写している。しかもその節の中でまた突然それまで描写されていた人物の一人称になったかと思うとまた三人称描写になり、次の節の途中でいきなりまた久美古の一人称に戻ったりと混乱しています。もちろん視点や人称が変わる小説というのもあるし、確かにプロローグですでにこれが小説であることが示されているので、久美古が書いたものだと解釈すればあり得なくもないかなとは思うのですが、ちょっと無理があるかなと。
 エピローグも仰天の連続で、山口先生が「霊の話は、勉強よりも大切だ」と発言するなどぶっ飛んでます。霊が取り憑いたら勉強どころじゃなくなってしまうからという理由を付けていますが、それ自体すごい。エンディングもいきなりのぶった切りです。余韻なしでぶっつりと終わらせるのも場合によっては悪くないのですが……。
 本書はツッコミどころも満載で、読めばそれなりに楽しめるので、ある意味オススメ作です。

リストに戻る